人を信用するということ、人に裏切られるということ、そして人が嫌いになる

 

人を信用できない人って
今の世の中結構いると思う。

 

 

僕は普通に信じちゃうから
よく騙されるんだけど、

「私、人間不信なんです」

って聞く人多いなぁ。

 

まぁ、人を信用できなくなる時期とか
きっかけとかそれぞれ持ってるんだろうね。

 

・親友に裏切られた
・陰口叩かれた
・自分が嫌になった

とか。

 

相手からしたら
深い意味がなかった言葉でも
自分にとっては傷つく言葉だったり。

 

 

 

ちょっとした出来事から
「人間不信」ボタンが
押されちゃうんだろうね。

 

人間不信期に突入すると
なかなか抜け出せないよね。

 

 

でも、抜け出さなきゃ
いつまでも苦しい思いするんじゃない?

 

よく考えてみてよ。

 

 

誰も信用できないって
孤独を意味しないかい?

 

 

でも孤独って
誰が望んで1人になりたい?

 

 

誰も望まないんじゃない?

 

どうせ世の中1人で
生きていけないんだしさ。

 

 

だから今回は、
人を信用できるようになる方法
紹介しようと思う。

 

でもまぁ、
人を信用しなければいけない
という強制的なものは
存在しないのだから

そこは自分の意思に従うのが
一番重要じゃないかな。

 

絶対にこれから先
人を信用しないぞって決めてるなら
この記事は不要だね(笑)

 

信じたいとか
孤独から抜け出したいとかそう思うなら
読み進めて言ってほしい。

 

スポンサードリンク

 

人を信用しないデメリット

深い人間関係が築かない

さっきも言ったように
誰も信用しない=孤独だから
人間関係なんて築けないよね。

 

親友なんて以ての外よね。

築いた人間関係が脆い

誰も信用することがなく
人間関係が築けたとしても
その関係はとてつもなく脆い。

 

信用されてないなって
相手は絶対気づくから。

 

信用されてないと感じたら
誰だっていい思いはしないでしょ?

ストレスがたまる

信用していない相手のそばにいると

「騙されているのではないか」
「傷つけられてしまうのではないか」

 

といろいろ考えてしまって
それが緊張となり、
気持ちが落ち着かなくなる。

 

それが誰も信用できないとなると
“常に”緊張感で追い詰められてしまい
ストレスの原因となる。

 

人を信用できるようになるには?

自分を好きになる

他人を好きになるには
まずは自分を好きになることが大切。

 

「こんな自分を
 好きになってくれる人はいない」

 

という思い込みを捨てる。

 

自分を貶したりして
低レベルに下げるのではなく
プラスの発想で自尊心を高めよう。

 

信用できない人と離れる

「この人は絶対信用できない」

という人は存在すると思う。

 

そういう人と
付き合わないようにしたら
人間不信に陥ることもない。

 

 

だいたい信用できない人って

・嘘をつく
・悪口、陰口を叩く
・思いやりがない

 

などの特徴がある。

 

みんながみんな
そう人ではないが
僕はそういうタイプの人とは
付き合うことをしないかな。

 

 

Kanato的思考

人間不信になるのは
過去に何かしらの原因がある。

 

それを明確にして解決することで
人を信用できるようになると思う。

 

どうしても人を信用できない
という人は

「一定の距離を保つ」

のが一番いいかもしれない。

 

近すぎず、遠すぎず。

 

何が正解なのかなんて
誰にもわからないけど
理想の自分に近づくことを
目標にしてみるといいかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です