自宅のパソコンとプリンターだけで自作の名刺を作ってみた

 

個人的に仕事を受けたり発注したりしていると、どうしても会社として扱われたりすることがある。

でも、今の段階の収入で会社としてはミジンコ程度しかないので、個人事業主としてはまだ開業していない。

会社を設立した時に、既に会社名がある程度知れ渡ってる方が良いと考えたから今は団体名として活動して収入が上がってきたら会社名として提出しようかと。

 

じゃ、会社名の知名度を上げるために名刺を作ろうという事に。でも発注して作るより、パソコンもプリンターも自分で持っているから自作しようと。

 

自分で名刺を作る方法(僕のやり方)をここで紹介しようと思う。

 

スポンサードリンク

 

1.用意するもの

☑パソコン

☑プリンター

☑名刺用紙

 

 

今回僕が使った名刺用紙は「A-one 厚口タイプ 両面印刷 100枚分(型番51604)」定価810円(税込)

 

 

 

僕は両面印刷したくて、でも用紙が薄いと裏まで染みそうだったので、安全を期して厚口タイプに。

 

 

2.ラベル屋さん9をインストール

今回購入した名刺用紙のメーカー(A-one)で、無料で名刺作成ソフト「ラベル屋さん9」をダウンロードすることができる。

※名刺用紙のパッケージに記載あり〼

 

というわけで、ラベル屋さんの公式サイトより早速無料ソフトをダウンロード。公式サイトにてインストール方法の手順が載ってるのでそれを参考に無料ソフトをダウンロード&インストールしてみてください。

 

▶︎ラベル屋さん9公式サイト

 

3.ラベル屋さん9で名刺をデザイン

ラベル屋さんを起動すると、下記のようなホーム画面が現れる。

 

赤枠で囲ってある検索ボックスに、購入した名刺用紙の型番を入力する。今回購入した名刺用紙は「A-one 厚口タイプ 両面印刷 100枚分(型番51604)」なので 51604 と入力。

 

 

すると、入力した型番に合った名刺用紙の情報が表示されるので、そのまま【決定】をクリック。

 

これでこの型番の名刺用紙に合った印刷フォーマットが自動で適用されるのでデザイン作業を開始します。

 

デザイン画面が開くのでここでデザインを作成する

右上に
・文字入力
・画像追加
・図形作成(丸・四角・多角形・線など)
・QRコード作成

などのデザインツールがあるから、それらを使ってデザインを完成させる。

デザイン作業開始30分で、こんな感じに作成↓

 

 

simple is best. とはこの事を言う(笑)
デザインが終わったら右上の「レイアウト」をクリック。

 

レイアウト画面では、実際に印刷するシートのプレビュー画面が表示される。

 

さっき作ったデザインが左上の1マスにだけセットされている状態になっているので、残りの9マスにコピーする。

 

 

デザインのコピー方法は画面右上の【選択範囲のコピー 全て】をクリックするとOK

 

これでレイアウトは終了。画面右上の【印刷】をクリック。

 

4.デザインした名刺を印刷

プリンターに名刺用紙をセットする。でも、最初に印刷するのは、失敗してもいいように付属のテストプリント用紙に1度印刷して確認した方がいいですね。

テストプリントを確認してOKなら実際に名刺用紙に印刷する。

 

因みに、名刺用紙は1枚ずつ手差しで印刷することを推奨と書いてるから、言うこと聞いといたら安全。面倒くさかったら一気に名刺用紙をセットしてもいいけど自己責任で。

印刷画面では印刷部数の枚数を設定し、【印刷】をクリックするだけ。

 

印刷前の用紙はこんな感じ↓

 

印刷後はこんな感じ↓

 

5.シートの台紙から名刺を剥がす

シートへの印刷が完了したら、シートの台紙から名刺を剥がしていく。

下記の図のようにシートの側面から内側中央に向かってゆっくりと指で1つずつ剥がしていきます。シールみたいな感じなのでペロッと簡単に剥がれるから安心。

 

 

完成した名刺はこんな感じ↓

 

 

自作名刺作成にかかる費用

今回作成にかかった費用は名刺用紙の810円とプリンターインク代が何百円で済んだかと。

業者に頼むと余裕で何千円単位なのでお得感あるし、自分で作ったから愛情と気に入り感が半端ない。

 

 

Kanato的まとめ

さっきも書いたけど、気に入り過ぎてヤバい(笑)

 

今回は【イチゴイチエ】のロゴも一緒に作成したから作業が多かったけどかなり楽しかったわ〜

 

因みに、同時進行でロゴシールも自作で作ってみたから参考に。

▶自宅のパソコンとプリンターだけでロゴシール作ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です