ftmとパコパコヤりたいという願望を持つ男性の方へ

 

はいさい、性欲ありすぎて「穴があったらヤりたい」が名言だったのにホルモン注射を打ち始めて5年で性欲が0になった佳人(@kanato_tomoyose)です。

誰か僕の性欲を呼び起こしてください(‘・c_・` ;)ohayo

 

ftmの方の中でも恋愛対象ではなくとも性欲解消の相手に男性を選択する方もかなりいます。なんでも、性欲には逆らえないそうです。

そんなftmとパコパコしたい男性の方へお伝えしたいことがあります。

妊娠の可能性は無きにしも非ず

子宮卵巣摘出手術をし戸籍変更まで終わっているftmは別ですが、手術をしていないftmは例え男性ホルモンを打って生理が来なくても、子宮卵巣がある限り可能性はゼロではありません。

 

仮にftmが妊娠してしまうと、これから戸籍変更を考えている場合は「性同一性障害の性別の取扱いの特例に関する法律」の性別変更の条件の中に「現に未成年の子がいないこと」とあり子供が成人するまで戸籍を変更できなくなってしまいます。

また男性ホルモン治療の効果により、生理が止まっているため妊娠してもなかなか気づきにくく、望まない妊娠で気付いた時には中絶可能期間最大である22週未満を越えていたという恐ろしい事態になりかねません。

男性から女性としての認識

ftmが男性と交わることで、男性ともし恋愛関係になったとしても「男性として見て欲しい、扱って欲しい」というのが大前提です。

ですが女性の象徴と言っても過言ではない「膣」を使ってしまうと、今まで男性として扱われてたはずだったものが女性として扱われてしまうのではないかと恐れています。

そのためftmは膣を使うことを躊躇い、結局一人で自慰することでしか性欲が発散できなくなります。なのでftmには男性として見ているということを伝え安心させてあげることが必要です。

もし嫌がったらすぐに中断する

男性と初めて交わるftmの場合、性欲を発散したいという欲求の他にも「怖い」という感情が必ず存在します。

SEXムードがMAXになっても、もしftmから中断を要求されたり嫌がる様子があれば意思を尊重してあげてください。そのまま無理に続けるとftmの心を踏みにじるだけでなく”レイプ”になります。

レイプはどちらか一方がセックス同意しなかったら暴力的な犯罪です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です