ヤンヒー国際病院とガモンホスピタルでは子宮卵巣摘出手術(開腹術)の傷の大きさが変わる

 

はいさ〜い、25歳までに結婚する予定が大幅にずれ、結婚相手すらいない状態の佳人(@kanato_tomoyose)です┐(´・c_・` ;)┌

 

僕はヤンヒー国際病院でもガモンホスピタルでもな「ラッブラーナ総合病院」というところで性別適合手術を受けましたが、傷の大きさ的にいうと計ってみると9cmでした。
※手術から5年経っているので傷が縮んでいる可能性あり

 

今回はタイで子宮卵巣摘出手術を受けようと考えている方は必見です!性別適合手術で有名なヤンヒー国際病院とガモンホスピタルの傷の大きさの違いをお話しします。

驚愕!ここまで違うのか傷の大きさ

SOPHIA BANGKOK

画像を見てわかるように、傷の大きさは倍以上変わってきます。なるべく体に負担を与えないように傷は小さいに越したことはありません。

ちなみに2019年04月現在ではヤンヒー国際病院とガモンホスピタルの子宮卵巣摘出手術はどちらも80,000B(バーツ)で受けられます。

佳人
それなら安くて傷の小さい方が良いね◎
愛犬ゆづ
他の手術も同時に受けるなら値段変わってくるから注意して比較しなね

【ftm性別適合手術】ガモンホスピタルの手術料金

【ftm性別適合手術】ヤンヒー国際病院の手術料金

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です