【GID支援】キリンホールディングス性別適合手術のための最大60日の有給休暇

 

はいさ〜い、佳人(@kanato_tomoyose)です✨

社会人にとって長期休暇はなかなか取りにくいもので、乳腺摘出手術(胸オペ)や子宮卵巣摘出手術の日程を調整するのも一苦労…

 

そんな中、キリンホールディングスは2019年03月29日、性同一性障害の社員が性別適合手術やホルモン治療などの治療を受ける際に、最大60日の休暇を有給で取得できるようにすると発表しました!

佳人
感謝極みマル〜(;´༎ຶ益༎ຶ`)

この60日の有給休暇とは、過去に使いきれなかった未消化の有給休暇を通算60日まで積み立てられる制度があり、子どもの病気や親の介護、勤続年数に応じた休暇に用途を限っているが、新たに性同一性障害の治療も加わりました。

60日に通常の有給休暇(勤続5年以上で年20日、翌年までは繰り越し可能)を合算することもでき、休みを拡大することも可能だそうです。

 

さらに、同性カップルに男女の夫婦と同等に慶弔休暇などを付与するようにし、採用試験担当者に性的マイノリティへの理解を促す制度も設けるとのことです。

 

佳人
今後手術を希望する性同一性障害当事者にとって、とても嬉しい制度ですね!こういう制度が広がっていきますように…

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です