戸籍を変更すると強制的に親の戸籍から抜けて【分籍】ことになる

 

はいさ〜い、女性から男性に戸籍変更をしたら戸籍上一人ぼっちになった佳人(@kanato_tomoyose)です(;´༎ຶД༎ຶ`)

戸籍を変更すると、戸籍上一人になってしまいます。そう、それが今回お話する「分籍」です。これは知っておいてほしい事項なので詳しく説明します柱|皿`)q”

分籍とは

親の戸籍から抜け、自分が筆頭者となる新しい戸籍を編製すること。注意点として、既婚者&未成年者はできません。

親の戸籍から抜けるとありますが、家族と縁を切るということにはなりません。
ただ、自分が筆頭者である戸籍が新しく作られるだけです。分籍の受理や反映にはかなり時間がかかりますし、性別変更後は自動に分籍されます。

 

自主分籍と自動分籍

戸籍を変更する前にする分籍は「自主分籍」、戸籍を変更後に強制的に自動で分籍させられる「自動分籍」

この二つの大きな違いは、戸籍変更後に親の戸籍に記載される内容です。

 

自主分籍の場合、家族の戸籍には「分籍により除籍」と記されるだけであり、戸籍変更後の変更内容は自分が筆頭者である戸籍にだけ反映されます。

自動分籍の場合は、家族の戸籍に「性同一性障害で性別変更をした為、除籍」と記されます。

 

「性同一性障害」を残すか否か

僕はこれを知って自主分籍をしました。理由は「親の戸籍を守るため」

僕のオカンは綺麗でしっかり者でモテるから結婚歴3回あるけど、離婚歴も3回あるからバツは3つ付いてるけど、それ以上に僕のせいで「性同一性障害で性別変更をした為、除籍」なんて記載して欲しくないな〜なんて思って。

 

もちろん、親は何も気にしないかもしれませんが、これは親心ならぬ子心というもので言わば自分の自己満でもあります。

人それぞれ色々な事情があると思います。もし家族を思っての分籍なのであれば、家族と話し合ってから行動に移すことをオススメします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です