親の戸籍を汚さないために|新しい戸籍を作り、自らが筆頭者になる【分籍】の方法

 

はいさ〜い、佳人(@kanato_tomoyose)です( ╹ਊ╹)

前回、性同一性障害の分籍についてお話ししました。

戸籍を変更すると強制的に親の戸籍から抜けて【分籍】ことになる

今回は、その分籍申請方法についてお話したいと思います。

 

分籍届けとは

一人だけ戸籍を分ける(戸籍から抜ける)際に出す届出。20歳以上の未婚者であれば届出が可能である。基本的には、子が親の戸籍から離れる際に使用される。

Wikipedia「分籍届」参照

分籍届という書類を役所に提出すると戸籍が新規に作成され自らが筆頭者になり、本籍地を独自に設定できます。

 

手続き方法

  1. 戸籍謄本(全部事項証明)を取得
  2. 新しい本籍地の住所を決めます(実在する住所であること)
    ※もちろんそのままでも可能
  3. 印鑑と戸籍謄本を持ち役所へ
    ・現在の本籍地を管轄する市区町村役所
    ・分籍後の新たな本籍地を管轄する市区町村
    ・役所現在の住所地(=住民票)を管轄する市区町村役所
  4. 役所の戸籍関係の窓口にて「分籍届」を取得
  5. 書類を記入し窓口にて戸籍謄本とセットで提出
  6. 住所が実在するか確認して問題なければ受理される

⚠️複雑になる兄弟構成

僕の兄弟構成は、長男(兄)、長女(僕)、次女(妹)でしたが分籍したことによって、兄は長男でそのまま、僕は長男になり、妹は長女となりました。

あれ?長男が二人?ということになりましたが、そこまで気にする必要もありません◎長男、次男という構成が必要な時ってないと思いますし^^

佳人
後から後悔しないように分籍するかしないか、家族と話し合ってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です