性別適合手術の保険適用|保険が適用される条件とは

 

はいさ〜い、お金と時間と覚悟を持って性別適合手術をして戸籍を女性から男性に変えた佳人(@kanato_tomoyose)です(((=ω=)))

 

2018年04月から、心と体の性別が異なる性同一性障害(GID)の治療として「性別適合手術」が、健康保険の適用対象となりました。ですが現段階で、性同一性障害全員が保険適用するとは限りません。

では、誰がどのような条件で保険適用となるのか。そこを紐解いていきたいと思います。

保険が適用される条件

保険適用の条件として、「ホルモン療法を開始していない」という項目があります。

保険診療と保険外診療の併用は「混合診療」といって、保険がきかなくなります。つまり、一般的な形で「性別適合手術」を受けようとすると、全額自己負担になるというわけ…

保険適用できない人が大多数

すでにホルモン注射を受けている人はもちろんですが、早く外見を変えたいという方は保険適用が望めません。

 

そしてホルモン療法を無しで男性ホルモンを分泌している睾丸、女性ホルモンを分泌している卵巣を摘出してしまうと、急激に更年期障害が一気にやってくる上に、そこに望みの性のホルモンを入れるともう身体がその急激な変化に大混乱!

 

僕自身もそうですが、僕の周りにも保険適用で性別適合手術を受けた方がいないので詳しいことはわかりませんが、身体に大きな影響を与えることは間違いないと思います。

佳人
身体に急激な影響を与えるのは本当に良くないです。通院しているクリニックの医師と相談しながら治療を進めてください。

性別適合手術を保険適用で受けられる病院一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です