性同一性障害で改名するときに絶対に必要な使用実績の作り方
The following two tabs change content below.

kanato67

夢は引きニートブロガー(引きこもり×ニート×ブログ)。家から出ることなく稼げるようになるっ

スポンサードリンク

はいさい、佳奈ちゃんから佳人くん(@kanato_tomoyose)になった人です🙋‍♂️

 

女性名から男性名に名前を変える時、いろんな通称名を考えて最後に「あ、これだ」としっくりくるものが見つかります🙆‍♂️

そしていざ改名しようという時に必要になるのが使用実績

使用実績とは

改名したい名前(通称名)を「社会で使用しても混乱を招きませんでしたよ」という証明

短くても最低3ヶ月、できれば3年あると良いと言われています。なので改名したい名前が決まったらできるだけ早く実績を作っていくことが肝となります。

 

では使用実績はどうやって作ればいいの?その疑問を解決していきましょう!

 

通称名が使える使用実績

ポイントカード(メンバーズカード)

美容院や服屋のポイントカードなどを作ります。

クレジット機能付きのカードになると身分証明書(本人確認)が必要だったり年齢確認が必要だったりするのでポイント機能のみのカードに限ります。

定期券

自動券売機だとと身分証明書は不要で発行できます。

手紙やはがき

最も手軽で最も信憑性があります。家族や友人にお願いして書いてもらいましょう。手紙の内容は提出する必要がありません。

日付と消印が付いていることが大事です。

通販などの伝票

手紙やはがきと同様に家族や友人に荷物を発送してもらいます。

ネット通販の場合は支払い方法をコンビニ決済にすることで領収書と伝票の2つが実績になります。

学生証

学生証は学校に説明と性同一性障害の診断書を持参の上で掛け合ってみると良いでしょう。最近は受け入れてくれる大学も増え、通称名での在学が可能なところも増えてきました。

診察券

性同一性障害のカウンセリングで通院中のクリニックの診察券はちゅ証明で発行してくれます。

通称名のリスク

通称名で発行したポイントカードや定期券などは紛失してしまうと取り戻せない可能性が高いです。

なにせ本人確認ができないので、自分のものだと証明することが難しいからです。

 

通称名を使うにはリスクがあるということをきちんと理解しておきましょう。

今すぐ使用実績を作りたい!!!

通称名であなた宛に手紙を届けます ¥300-