半年持続する男性ホルモン注射「ネビド」月1回の注射とどっちが良い?
The following two tabs change content below.

kanato67

夢は引きニートブロガー(引きこもり×ニート×ブログ)。家から出ることなく稼げるようになるっ

スポンサードリンク

はいさい、佳人(@kanato_tomoyose)です。

 

2週間に1回または月1回打っている男性ホルモン注射はエナルモンデポーが主流ですね。ですが男性ホルモン注射には種類があって半年効果が持続するネビドという薬剤もあります。

 

今回はその「ネビド」についてお話ししていこうと思いますっ!

 

男性ホルモン製剤「ネビド」

ネビドはドイツのシェーリング社という会社で製造されており、ヨーロッパやアメリカではすでに認可・使用されていて比較的安全性が高い薬剤です。

ネビドの有効成分であるウンデカン酸テストステロンは体内でテストステロンに変換されます。テストステロンはアンドロゲンに属する男性ホルモンで、性的発達をコントロールします。

 

ネビドとエナルモンデポーの特徴・違い

長期持続型ネビドの特徴

  • 日本では厚生労働省から未承認のため保険適用外で自費となり1本30,000円となってしまう
  • 海外では3ヶ月に1回とされているが日本人だと1回の注射で5〜6ヶ月持続する
  • 半年安定してホルモン値が持続し精神的にも安定する
  • ホルモンの質が良いので体に優しい
  • 半年に1回なので通院に時間がかかる場所に住んでいる人は助かる

 

短期持続型エナルモンデポーの特徴

  • ネビドと比べると打つ間隔が短いので通うのが面倒
  • 次打つ頃にはホルモン切れしているので精神的に安定していない
  • 保険適用される病院で打てば1,000円くらいで済む / 保険適用外だと3,000円以上したりする
  • ネビドと比べると副作用が多く感じる

 

注射箇所はどこ?

エナルモンデポーは腕かお尻か自分で選ぶことができますが、ネビドはお尻一択です!そして左右のお尻に2箇所注射します。

よって、注射にチクッとする瞬間が必然的に2回来ることをお忘れなく…

 

結局どっちが良いのか?

料金優先して安い方を取るのであれば通院交通費+注射代を足して安い方を選び、健康や身体のことを優先させるのであればネビドをオススメします。

精神的な安定を優先させたい場合もネビドが良いです◎

 

自分にあった方法を選びましょう。