トランプ政権がトランスジェンダーを排除へ|性別が男か女かの二択に限定

スポンサーリンク

 

はいさ〜い、「男らしく」でも「女らしく」でもなく自分らしく生きていきたい佳人(@kanato_tomoyose)です✨

「戸籍も男に変えたんだからもっと男らしくしろよ」

余計なお世話だわww正直言って、男らしくとか女らしくとか面倒臭い(笑)なんて思うことが度々ある中こんな報道が…

 

【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2018年02月21日、トランプ政権が性の定義に関し、生まれつきの性別に限定することを検討していると報じた。心と体の性が異なるトランスジェンダーの存在を認めて保護するというオバマ前政権以降の行政当局の取り組みに逆行するとして、性的少数者(LGBT)や左派勢力から反発が広がるのは確実だ。

同紙が入手した保健福祉省のメモによると、同省は連邦政府の助成を受けている教育課程で性別による差別を禁止していることに関連し、各省庁で「性の定義を統一すべきだ」と提唱。同省は「性別は男性か女性かのいずれかとし、生まれ持った生殖器によって規定される」との定義づけを提案しているという。

同紙によれば、生まれついた性とは異なる性を選んだトランスジェンダーは推定で約140万人いるとされ、こうした定義が導入されれば「連邦政府から存在を認定されなくなる」と指摘した。

オバマ前政権はトランスジェンダーの公的権利を拡大する取り組みを積極的に進めてきたが、キリスト教福音派を中心とする保守勢力が強く反発していた。

ー産経新聞「トランプ政権、トランスジェンダーの排除を検討 性別を男女に限定

スポンサーリンク

佳人
面倒臭いことしよるな〜

そもそも「生まれついた性とは異なる性を選んだトランスジェンダー」と言う表現・認識自体に問題があるのではないのかと…

別に「男にしようかな〜、女にしようかな〜」なんて選んだつもりは全くなく、むしろ生まれてきた性に違和感を感じ、違和感を無くすために手術を受け戸籍を変更したのだけれども💦という僕なりの見解です。

アメリカのFacebookでは50種類以上

現在のfacebookアメリカ版は、あいまいな性別設定まで区分けされています。それだけではなく、身体的に男女の区別が困難な性分化疾患、すべての性自認を網羅し性自認が流動的など現在50種類以上の性別設定が可能となっています。

カナダでは公的書類に「X」を導入

2017年08月24日カナダ政府はパスポートなどの本人確認書類の性別欄に、男性・女性以外の選択肢「X」を設けることにしました。

2017年06月には同じくカナダのブリティッシュ・コロンビア州にて生後08か月の乳児の保険証の性別欄に「性別不明」「性別を特定しない」を意味する“U”を記載する保険証を発行し、両親は「子供が成長してから自分で自分の性別を決めるべき」と主張したとのことです。

佳人
せっかく世界が上手く回り始めた良い流れを…

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です