性同一性障害の人が逮捕されたらどの性別で刑務所に入るのか

 

はいさい、別に良いことも悪いことも何もしていないけど興味本位で刑務所に入ってみたい佳人(@kanato_tomoyose)です│´ω`)ノ

どのくらい過酷なのか実際に体験して記事にしてみたいだけ(笑)このサイトに人生かけてますw

 

ということで今回は、もし性同一性障害と診断されている人が罪を犯して刑務所に入るとなった時、「心の性別」と「戸籍上の性別」のどちらの性別で刑務所に入れられるのか調べてみました。

性同一性障害者の刑務所は…

結論から言うと、「戸籍上の性別」で刑務所は決められています。

全国の刑務所は、法務省から2011年に通知された指針に基づき、一定の配慮の下で性同一性障害のある受刑者を処遇しています。ですが、その配慮の程度や、指針運用の在り方の議論が不十分と指摘する有識者もいるそうです。

治療は続けられるのか

性別適合手術はしていなくてもホルモン治療を始めている場合…男性または女性の外見を保つためのホルモン投与も逮捕後は受けることができません

身体の性に戻っていってしまう自らの容姿に強い嫌悪感を抱き「自殺したい」とまで思うようになるとか…

「ホルモン療法については専門的な判断に属することなので一概には言えませんが、投薬を止めることで心身に支障をきたす場合は、可能な限り対応するようにしています」と発表はしています。

性同一性障害の受刑者に「ホルモン投与認めず」 : 国内 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190419-OYT1T50128/

多少の配慮は実施されている

性別を変えていないケースでも、豊胸手術でブラジャーが必要な受刑者(mtf)には貸与もされています。心の性が男性である者(ftm)は短髪にすることが可能などと記載していました。

さらに2015年の改正で、手術で女性に外形を変えた者に対しては、入浴や身体検査の際、原則的に女性職員が監視などを行うことになりました。

とにかく罪は犯すな

愛犬ゆづ
それな

それはもちろんのことですがきっと何かしら事情があるかもしれません。

今回の「性同一性障害の人が逮捕されたらどの性別で刑務所に入るのか」の議題は「戸籍上の性別」となりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です