戸籍上の性別変更の際の「性別の取扱いの変更」の申立方法

 

はいさ〜い、家庭裁判所での審判(面談)の日に緊張しすぎて遠足前日の子供みたいに眠れなくなった佳人(@kanato_tomoyose)です((((;゚;Д;゚;))))

 

前回は戸籍上の性別を変えるための6つの条件についてお話ししました。では今回は6つの条件をクリアした時の戸籍上の性別の変え方(申立方法)についてお話します。

性別変更申立の条件

性別を変更の申立をするには6つの条件を満たしてないといけません。

戸籍上の性別を変更するため6つの必須条件

性別取扱い変更申立の方法

戸籍変更はお住いの管轄の家庭裁判所で行います。申立に必要な書類を揃え、家庭裁判所へ提出します。

👉自分の住まいの管轄の家庭裁判所を調べる

必要書類

※各都道府県や裁判官により異なる場合があります。

戸籍変更までの流れ

  1. 自分が戸籍変更条件に満たしているか確認する
  2. 必要書類を揃える
  3. 家庭裁判所に申立書を提出
  4. 家庭裁判所から審判(面接)日の連絡がくる
  5. 審判当日、裁判官と面接
  6. 家庭裁判所から戸籍変更の通知が届く
    (早ければ1週間くらい)

 

佳人
戸籍上の性別変更が終わったら改名の時と同じように次は様々な契約の変更手続きがあります!忘れずに変更してください⚠️ 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です