性別取扱い変更申立後にやらなければいけないこと

 

はいさい、免許証の性別変えてないせいで、更新の時に呼び出し食らった佳人(@kanato_tomoyose)です((((;´・ω・`)))

佳人
無駄なところでバレてしまった…

 

こういうことが起きないように戸籍上の性別変更後は、変更忘れがないように速やかに連絡・変更手続きを済ませましょう!

性別変更手続きが必要なもの

基本的に身分証明書が確認されるものは変更手続きを行うと考えていた方が良いでしょう◎

国民年金

【手続きに必要なもの】

  • 年金手帳
  • 性別変更の審判謄本

上記2つを持って役所の年金窓口へ。性別を変更した場合は年金手帳に変更後の記入欄がない為、新しい年金手帳を再発行して欲しい事を伝えます。

各種金融機関

【手続きに必要なもの】

  • 通帳
  • 印鑑
  • 性別変更の審判謄本
  • 戸籍謄本

窓口で変更したい理由を伝えるとどこの銀行でもスムーズに行くようです(ネット上の情報によると)

各種クレジットカード会社

【手続きに必要なもの】

  • 身分証のコピー
  • 住民票
  • 戸籍謄本

電話やインターネットで変更申し込みをすると郵送で書類が届くので、変更申込書と上記必要書類を入れ、返送すれば完了です◎

保険会社

【手続きに必要なもの】

  • 戸籍謄本
  • 旧保険証券

基本的に電話で事情を説明すると変更に必要な書類が郵送され、返信すると新しい保険証券が届くようです。※保険会社により異なります。

運転免許

【手続きに必要なもの】

  • 免許証
  • 住民票
  • 性別変更の審判謄本

手続きは免許センターで行われ、変更の旨を説明すると再発行の窓口へ案内されます。

紛失や破損、汚れた等の理由がないと新しい免許証の発行はして貰えず、裏の備考欄に変更したという旨を書かれてしまいます。

これは裏技らしいのですが、紛失、破損、汚したなどの虚偽の理由で再発行してもらうことも可能だそうです。※もちろん再発行手数料が3,500円くらいかかります。

電気会社・ガス会社・水道局 等

【手続きに必要なもの】

電話やインターネットで変更を申し込むことが多いようです。電話対応だけで変えられたりするところもあるようですが、書類が送られてきたりFAXで変更したりするところもあります。

佳人
性別適合手術が終わり、ひと段落したいところですが手続きが終わるまではゆっくりできません(;´Д`A

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です