【動画あり】超定番!沖縄県民直伝ゴーヤーチャンプルーの材料・作り方

 

はいさい、はくさい、ちゃーびらさい!佳人(@kanato_tomoyose)です!

佳人

「沖縄料理」

といえば、誰しもが口を揃えて“ゴーヤーチャンプルー”と言いますよね?(不安)

少し苦味があるため、苦手な方も結構多い料理ですが…好きな人は好きですよねー!もちろん僕も大好きです!

まぁ、最近はゴーヤーも高騰化して1本100円以上の値段がついてしまい買うのにためらうことも多いのですが…

 

なななんと、今回は3本で198円という価格で手に入れることができたのですぅぅ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎おつとめ品だけどww

 

というわけで今回は沖縄生まれ沖縄育ち・佳人が「ゴーヤーチャンプルーの作り方」を伝授したいと思います!

ゴーヤーチャンプルーの材料(4人前)

ゴーヤー(にがうり) 500g
ポーク 150g
島豆腐 1/2丁(200g)
花かつお 好きなだけ
小さじ1/2(6g)
2個
大さじ4(48g)
かつおだしの素
醤油 小さじ1/2(3g)
MEMO
油の量は自分で調節する方が良いと思います!ちなみに僕は基本的に油を使わないのですが今回は少量使用しています。

ゴーヤーチャンプルーの作り方

  • STEP.1

    • ゴーヤーは洗って縦2つ割にし、スプーンで中の種を取り除き、薄切りにして塩をふりかける
    • 豆腐は大きくちぎり、水気を切っておく
    • ポークは5mm厚さくらいの短冊に切っておく

  • STEP.2

    鍋に油を熱し、豆腐を入れて焼き目が付いたら一旦取り出す

  • STEP.3

    豆腐を焼いた鍋に油を加えて強火で熱し、ポークとゴーヤーを加えて炒める

  • STEP.4

    ゴーヤーに火が通ったら溶き卵を流し入れたら火を止め、軽く混ぜ合わせて皿に盛り付ける

  • STEP.5

    最後に花かつおを振りかけて出来上がり

美味しいゴーヤーの選び方

ゴーヤーは鮮やかな緑色で、ずしりと重い感じのものを選びましょう。表面のいぼいぼは硬く張りがあって、潰れたり傷ついていなくて、イボの大きさが揃って密に付いているものが新鮮とされています。

新鮮であればあるほど栄養価は高くなりますが、その分苦味も強くなります。

苦味が特徴であるゴーヤーですが、表面の緑色が濃く突起が小さい方が苦味が強く、一方、緑色が薄く突起が大きい方が苦味が弱いといわれているので、お好みに合わせて選ぶようにすると良いでしょう◎

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です