【普天間】日本料理 禮二(れいじ)で絶品コース料理を堪能しました

ミックスバーゴッドタンの近くにある本格日本料理店「禮二(れいじ)」。たまたまお客様として店主のれいじさんがゴッドタンに遊びに来てくれたのがきっかけで、その時隣の席に座っていたお客様とお邪魔することに。あまりオシャレで敷居の高いお店には行き慣れていない僕には驚きの連発でした。

場所はとてもわかりやすい宜野湾市普天間にある「ブラックデビル」というビルの1階。フジテレビ系バラエティ番組「オレたちひょうきん族」のタケちゃんマンのコーナーで高田純次明石家さんまが演じた敵キャラクターで、ビルの看板の上に乗っているのが印象的ですね。

カウンターメインの店内

カウンターは8席で奥の方には8人くらいまで入る個室が一つ。

目の前には美味しそうなネタが沢山並び、食欲をそそります。確認はしていませんが店主は下駄を履いており、カランカランと鳴る音が店内に響き渡り江戸時代を連想させるような。風流があり心地よいです。

日本料理 禮二のコース料理

コースは料金次第で3つの懐石コースがありました。

5,000円コース(4品)

  1. 突き出し
  2. 刺身
  3. 焼き物
  4. 寿司

7,000円コース(5品)

  1. 突き出し
  2. 刺身
  3. 焼き物
  4. 茶碗蒸し
  5. 寿司

10,000円コース(7品)

  1. 突き出し
  2. 松茸の焼き物
  3. 天婦羅
  4. 西京焼き
  5. 松茸の茶碗蒸し
  6. 寿司

今回は7,000円の懐石コースを堪能

1.突き出し(ふぐの唐揚げ)

カラッと揚げられたふぐにもみじおろしとすだちがとてもいいアクセントになり、美味。ふぐは結構硬いイメージがありましたが、とても身が柔らかく箸でほぐれるほどでした。ちなみにふぐはテトロドトキシンという猛毒を持っているので調理師免許とは別に「ふぐ調理師免許」が必要なので極めたお店しか提供ができません。

2.刺身

右前は大間の炙りマグロ、右後ろは大間のマグロのトロ、左前は下北半島のヒラメ、左後ろはタイの昆布締めでした。どれも本当に美味しかったのでこれはランキングが付けられません…。

炙りマグロはわさびも醤油も付けずにすだちだけ絞って頂きます。溶けずに残った岩塩の塩味と口に入れた瞬間とろっと溶けてしまう食感が堪りません。トロの脂身はとても甘く、口いっぱいに旨味が広がります。ヒラメはフレッシュ柚子の皮が削られてなんとも言えないさっぱり感とコリコリとした食感。タイの昆布締めは炙りマグロ同様にわさびも醤油も付けずにレモンだけ。昆布の味がしっかりと付いていて身の締まり方が尋常じゃありませんでした。

3.焼き物(出汁巻玉子)

店主のれいじさんは広島の宮島出身の方なので、「卵焼きはきっと砂糖強めだろうな…」なんて思っていたのですが、砂糖!というよりは出汁の甘みが強い印象でした。卵は綺麗な層になっていて、これを作るには沢山の数をこなして来たんだろうなと。本当に作るのが難しいのです。

4.茶碗蒸し

とても沢山のしいたけとあなご、えび、いくら、三つ葉が入っており、優しい出汁の味でほんわか癒されます。蒸しあがった茶碗蒸しに柚子の皮を入れ、また蓋をし柚子の風味を満遍なく閉じ込めていました。

5.寿司

江戸前あなご、北海道のぼたん海老、ふぐ、大間のマグロのお寿司。どのネタもとても大きく、プリップリ。全てに味がついているので醤油につける必要もありません。満足満腹です。

日本料理 禮二の詳細

店名 日本料理 禮二
住所 沖縄県宜野湾市普天間2-15-21 比嘉ビル1F
TEL 098-892-0888
営業時間 ランチ 11:30〜14:00
ディナー 17:00〜24:00
定休日 日曜日(予約のみ営業)
駐車場 店前に1台駐車可能
URL https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470404/47019815/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です