僕の彼女はレズビアン|ftmとレズビアンの奇妙なプラトニック生活

スポンサーリンク

 

はいさ〜い、限りない好奇心を爆発させるために一度刑務所に入ってみたいと切実に願っている佳人(@kanato_tomoyose)です。※絶対に罪は犯さないよ

 

今回はぶっちゃけた話をしようと思います。そう、知られざる僕の彼女のお話。一部の人間しか知らないのですが、僕らの価値観は現代の日本では理解しにくいでしょう。

結論的に言うと、僕が女の子としてこの世に生を受け、手術をして戸籍を変えて男性として過ごしているftmで、彼女は男性は絶対に受け付けない、女の子経験しかない完全レズビアン。

その相反する2人の人間がまさか付き合うなんて…「本なんて出したら世の中を混乱させ、バッシングの嵐を浴びること間違いなし」なお話です。

出会いはそう、突然に…

僕たちの出会いは社内恋愛。職場の上司と部下の関係。なんかカッコイイ体裁の良い言い方していますが、職場といってもミックスバー。

先に入ったのが水商売未経験なレズビアンの彼女で、後から入ったほとんど水商売しか経験のない僕。

僕は極度の人見知りなので、人に話しかけるどころか話しかけられないようにずっとスマホをいじっているヤツ。特に何か調べ物したりゲームしたりなんてものは一切ない(笑)

そんな性格なんだろうな〜と彼女は悟っていたようです。俗に言う話しかけるなオーラが絶賛満開だったと後に語っていましたww

無意識の好意

人には好みのタイプがあります。僕の好みのタイプはどちらかと言うと、可愛い童顔で身長が小さく守ってあげたくなるようなMな子がタイプなのですが、彼女は全くタイプに当てはまりません。

身長が小さいと言う部分でギリギリなくらいで、キレイ系で結婚願望もなく一人で生きていきますタイプ。可愛げなんて1mmも感じませんでした(笑)

見た目は全然タイプじゃないけど、僕と同じ典型的なB型で価値観が全く同じと言うことから次第に打ち解けていき、気が付いたら好きになっていました。僕だけが。

酒と試しとftmとビアン

僕は思ったことはすぐに言ってしまうタイプなのですが、なんせ告白となると心構えと言いますか、なかなか切り出せないチキン野郎で。なんと告白はベロベロにお酒に呑まれた勢いで。

佳人
「好きなんだよう、付き合ってくれよう!15分以内に答え出して!」

カスです、チンカス以下です。この話をするといろんな人に引かれます(笑)イイんです、引いてください。これが事実です。

そんな勢いしかない告白に彼女は…

スポンサーリンク

試してガッテン!

彼女曰く、「価値観が同じだし悪い人でもないし…」と言うことでお試しで付き合ってくれることに。今思えば、「お試しってなんや!」とは思いますが、そのお試し期間がなかったら今の2人はきっといないでしょう。

そりゃそうですよね。男性とお突き合いお付き合いした事のない完全レズビアン、通称完ビ!男性として生きている僕のことなんて眼中にもない。

超プラトニックな同棲生活

夜の生活なし、イチャイチャなし。超プラトニックな同棲生活。お互いに相手に求めるものは俗に言う「男女」という関係ではなく「パートナー」。

そして2人とも奇跡的に性欲0。彼女に対して性的な欲求はないし、文字彼女の方に生よくが生まれたならば、是非とも自分の好みの女の子を探してそこで性欲を発散して頂きたい。

「本当に好きなの?」
「それって浮気になるんじゃないの?」

そんなことはありません。僕はあくまで彼女の意思を尊重します。

愛は一生じゃない

僕らは「愛が一生」だなんて思っていないのが本音です。もちろんそれはあくまで僕の意見なので。そう、愛に冷めているのです。極上の冷感をお届けします。(笑)

相手に好きな人が出来れば、「今までありがとう、幸せにな」と若干カッコつけて喜んで身を引きます。

こんなことを言うと叩かれるかもしれません。でもこれが僕の価値観なんです。

佳人
こんな価値観もあるんだな〜程度に思っていただけると幸いです^^

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です