こんにちは!
元女子ブロガーの佳人(かなと)です。

 

 

最近DVD鑑賞ばかりしていて
心にくる映画を見ました。

 

その映画というのが
「聲の形」でした。

 

 

というわけで全力でネタバレしますww

 

 

 

「聲の形」映画基本情報

【ジャンル】アニメ

【公開日】2016年9月17日

【監督】山田 尚子

【主題歌】aiko「恋をしたのは」

【サントラ】牛尾憲輔「a shape of light」

 

「聲の形」ネタバレ

ガキ大将だった石田将也は、
いつも悪い仲間とつるんで
面白いことばかり考えていました。

 

ある日、生まれつき耳の聞こえない少女
西宮硝子が転校してきた。
硝子はみんなとコミュニケーションを取るために
筆談用ノートを使いますが
うまくはいきませんでした。

 

硝子の存在はみんなの不快の元になり、
将也を中心に硝子に対する嫌がらせが
エスカレートしていった。

 

 

硝子の筆談ノートが池に投げ込まれ
高額な補聴器は8つも紛失または損失し
硝子の耳にケガを負わせるなど
眼に余るものになってきました。

 

 

硝子への嫌がらせが
先生が介入するものになり
いじめの主犯格として将也が断罪。

 

クラス全員が将也一人のせいとし、
逃げてしまいます。
これをきっかけに将也はクラスで孤立し
いじめの対象に変わりました。

 

学校から連絡を受けた翔也の母は
硝子の母親へ謝罪し、補聴器代として
170万円を弁償します。

謝罪から戻ってきた将也の母親の耳には
血を流した痕が残っていました。

 

 

ある日の下校字、将也は池に投げ込まれました。
その池には、以前投げ込まれた硝子が大切にしていた
筆談ノートが残されていた。

それを将也は持ち帰りました。

 

 

結局硝子はクラスに馴染めず
他の学校に転校していきました。

 

 

将也は人間不信と自己嫌悪に陥ってしまい
気づけば5年が経ちました。

 

 

高校3年生になった将也は
硝子に一言謝罪をした後自殺しようと
決意します。

 

 

筆談用ノートを渡した時に
思わず「友達になりたい」と
手話で本音がポロリしてしまいます。

 

 

それから毎週火曜日に
鯉の餌やり場で会うようになりました。

 

 

高校のクラスメイトとも
徐々に仲良くなり始め
将也の生活に変化が出てきます。

 

硝子はいつのまにか
翔也のことが好きになり、
声に出して「好き」と伝えたつもりが
将也には「月」と勘違いされてしまいました。

 

その後、人間関係が少し崩れた後、
硝子を元気付けようと将也は
連日硝子を遊びに誘います。

 

夏休みに入り、
花火大会のイベントがあり、将也は
硝子の家族と花火大会に出かけました。

 

硝子は花火大会の途中で
「受験勉強があるから」と
先に帰宅してしまいましたが
将也はカメラを取りに硝子の家に向かいます。

 

 

硝子の家に着くと
硝子はベランダから飛び降り自殺する寸前でした。
将也は全力を出し、硝子を引き上げましたが
それと同時に将也はベランダから落ちてしまいます。

 

ベランダから落ちてしまった将也は
しばらくの間昏睡状態に陥ります。

 

そんな中、硝子は将也が死ぬ夢を見てしまい、
思い出の「鯉の餌やり場」へ。

 

同時に将也も目を覚まし、
導かれるように「鯉の餌やり場」へ。

 

そこで2人は再開し、
将也はここで初めて硝子に謝罪し
硝子に「生きることを手伝って欲しい」
と告白するのでした。
硝子もそれを受け入れるのでした。

 

学校に復帰した将也を
クラスメイトは受け入れてくれ
「友達とは何か」を知りました。
そして自分を取り戻すことができたのです。

 

 

ここで、映画は終了しました。

 

 

佳人的な感想

佳人(僕)佳人(僕)

本当に心から「良かった」
と思える作品でした。

高校生の時に手話の授業を専攻したから
余計、心にくるものがあったのかも
しれませんね^^

 

言葉だけではない意思疎通、
友達の本当の意味、
自分とは何か

などを考えさせられる映画です。

 

ぜひ、見て欲しいですね!

 

いつも読んでいただき
ありがとうございます^^

ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

為になった!
誰かに教えたい!
という場合はシェアやクリック
よろしくお願いいたします♫