【GID】ホルモン注射はケツ派?腕派?打つ部位で効果や痛みが違う説を調べてみた!

この議題はホルモン注射打つ前も打った後も「そういえば…」って気になるところでございます。もちろん僕もその一人でありました。

「はっ((((;゚;Д;゚;))))昔知り合ったGカップのナースがいるじゃん!」ということを思い出して、早速LINEで聞いてみました。

かなてぃ
へいへいへーい!急だが質問に答えるぜよ!
僕って定期的に男性ホルモン打ってるじゃないですかー。腕に打つときとお尻に打つ時ってホルモンの効き方とか痛みとか変わってくるんですか?

 

Gカップナース「基本的に筋肉に打つものだから、効き方としてはどっちも変わらないと思うよ!静脈と筋肉とかなら静脈の方が効きが早いとかあるけど…肩の筋肉が発達していない人とか子供が動いて危ないとかならお尻に打つこともあるらしいけど…うちは基本的に肩に打ってるなぁ…お尻の方が痛くないからとか、その人の好みによるのかも!」

 

かなてぃ
なるほどね〜、ざっくりわかった! もう少し細かいところが欲しいから自分で調べてみる!!

 

注射には4つの基本がある

注射の打ち方には基本的に4つの打ち方がある。

  1. 皮下注射
  2. 皮内注射
  3. 筋肉注射
  4. 静脈注射

打ち方はどんなふうに作用して欲しいか(時間をかけてゆっくり、今すぐ効くようになど)や薬の種類などによって選ばれます。

即効性を求めるなら静脈注射、ある程度の時間をかけてゆっくり作用して欲しい(持続性)なら筋肉、皮下を選びます。

そして皮下注射、筋肉注射は元々液体があるべきではない場所に注射するので上手い人がやっても下手な人がやっても痛いです。仕方ないです。

 

筋肉注射

ホルモン注射は筋肉に打たれるのですが、筋肉注射は薬液を筋肉の組織内に注入します。筋肉は血管組織が豊富なため、薬液の吸収速度が静脈内注射に次いで2番目に速いと言われており、そのスピードが皮下注射の約2倍と言われています。

ftmに適用される男性ホルモン・mtfに適用される女性ホルモン共に打つ量が決まっていて男性ホルモンだと125mgか250mg、女性ホルモンだと10mgとなります。

 

かなてぃ
男性ホルモンの量しか知らなかったけど、女性ホルモンの量調べるとこんなに差があるなんて驚きだわ((((;´・ω・`)))

 

注射の痛みを緩和する方法

一説には筋肉注射は打つ側の工夫によって痛みを緩和できると言われていますが、あくまで一説ですしこれは打つ側によるということです。

打ってもらう側(患者側)ができる痛みの緩和方法は注射後のマッサージです。あとは注射を打ってもらう時にできるだけリラックスして体の力を抜くことで筋肉の緊張をほぐす方法もあります。

かなてぃ
ちなみに僕は「痛っ」って思った時は指噛むか爪立てます。猫です。

 

「打ってる時に手足痺れて来た」とか「なんか感覚がおかしくなって来た」などの症状が出た場合はすぐに言ってくださいね!

 

注射後のマッサージ

ホルモン注射を打った後に「ちょっと揉んでね〜」と言われます。わけもわからず揉んでいますがこれは薬剤の浸透を促し、疼痛の緩和や硬結(シコリ)を予防するために行います。

ホルモンを筋組織の間に入れ込むので、注入中の痛みや、筋肉痛のような気だるさがみられます。

かなてぃ
変な座り方すると、椅子にトゲが刺さっているかのような激痛が走って飛び上がってしまい、周りに白い目で見られるので座る時はゆっくり座るようにしよう!(実体験)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です