沖縄の主な年中行事(旧暦)

スポンサーリンク

1月

 1日:正月朔日(ショウガツツイタチ)

若水でお茶を点じて仏壇に供える。正月飾り。火の神御願。親族間の年始廻り(香焚)をする。

3日:初起し(ハツィ(チ)ウクシー)

仕事始め。正月2日から3日に行われるが、現在は3日に行うことが多い。農村では初源漁村では船起しという。

4日:サカンケー

ヒヌカンの迎え日。旧暦の12月24日に天に戻られていたヒヌカンが帰ってくる日。ウヤファーウジに感謝して、信仰厚く善行を重ねると「ヒヌカンがパワーアップして降りてくる」といわれています。。元旦に行うこともあります。

7日:七日節句(ナンカヌスク)

七草の雑炊を仏壇に供える。

吉日:年日祝い(トゥシビー)

12年目ごとにめぐってくる生まれ祝い。旧正月中生まれ年と同じ日に行われる。

16日:十六日(ジュールクニチー)

後世の正月で墓前祭を行う。昨年の16日以後に死者を出した所は、墓前祭とと、自宅にての焼香がある。

20日:二十日正月(ハツカソーグァチ)

正月の終わり、那覇の辻町ではジュリ馬行列でにぎわった。正月飾りを取りはらう。

2月

15日:二月ウマツィ(チー)

麦の初穂祝い。栗国島では穂祭、渡嘉敷島では新穂花などといわれている。

吉日:彼岸

御三昧(豚肉、天ぷら、豆腐、かまぼこなど)と餅などを仏壇に供え、紙銭を焼いて彼岸の節を祭る。

3月

3日:浜下り(ハナウリー)

各家庭で三月御重とフーチムチなどを、お重に持って浜に出かけ、悪いけがれを流し、健康を祈願する。女の節句。

15日:三月ウマツィ(チー)

麦の収穫祭。大折目、麦の大祭ともいう。多良間島では麦プールーといい、波照間ではスクママスという。

吉日:清明祭(シーミー)

沖縄三大行事のひとつ。祖先の墓前にごちそうを供え、家族や一門が揃ってごちそうをいただく。陽春4月の親類間のピクニック的な親交の場となっている。宮古、八重山、久米島は墓参りはしない。

4月

吉日:畔払い(アブシバレー)

田畑の害虫を払う。部落全体でノロを中心に行う。

5月

4日:四日の日(ユッカヌフィー)

豊漁祈願で爬竜船競漕が各地で行われる。各家庭でポーポーとチンビンが作られる。

5日:五月五日(グングァチグニチー)

仏壇に、あまがしとしょうぶを供える。

15日:五月ウマツィ(チー)

稲の初穂祭。石垣島では米スクマ願いという。

吉日:原山勝負(ハルヤマスーブ)

耕地、農作物、ウシ、ウマなどの農事奨励祭。

6月

15日:六月ウマツィ(チー)

稲の収穫祭。大折目などといい、新米を祖霊や御嶽に供え、新米の農を感謝する。

25日:六月強飯(ルクグァチカシチー)

稲の収穫祭。六月二十五日ウマチーともいわれ、新米の強飯を炊いて、豊年をことほぐ。

吉日:プーリ

6月の26日中の壬または後の壬に八重山諸島で、クロマタ、アカマタの仮装来訪神が出て豊年を祭る。

吉日:シヌグ

盆前と後のどちらかで行われる村の豊作、豊漁祈願。

スポンサーリンク

7月

7日:七夕

墓の掃除をし、盆が近づいた事を報告する。

13〜15日:七月(盆)

盆。13日はお迎え、14日は中の日、15日が送りで16日がエイサーの日。祖霊を各家にまねき、今年の豊作の感謝と来年の豊作を祈願する。

吉日:ウンジャミ

豊作を祈願する盆後の祭りで村単位で行う。シヌグ、ウンジャミと隔年ごとに行う部落が多い。

8月

8日:トーカチ

米寿の祝いで88歳を祝う。1月の年日とは別に祝う。

8〜11日:ヨーカビ

妖怪日。厄払いの行事。昔は、お盆であの世の蓋があいたとき、悪霊もまぎれて出てくるとされ、旧暦の八月は、妖怪や悪霊が出没する月と言われていた。現在ではあまり行われていない。ヨーカビーには夜、出歩かないように。

10日頃:屋敷の御願・シバサシ

屋敷の神へのお礼と家族の繁栄と安全、そして「周りと円滑な生活が送れるように」と祈ります。魔よけのゲーンを土地の四隅、門、井戸、駐車場などにさし込むシバサシ(柴差し)の厄払いの行事。

10日:八月強飯

柴差折目、ヨーカビー折目、10日カシチーなどと地域によって名称が違い、あずき入りの強飯、豚肉、豆腐、大豆、大煮、小煮などを仏壇に供える。

吉日:彼岸

行事は、2月の彼岸と同じ。

9月

吉日:カジマヤー祝い

97歳の長寿の祝いで、普通は9月7日に行うが、正月の年日に行う地方もある。

9日:菊酒(チクザキ)

九月九日といい、酒に菊の葉を浮かべて仏壇に供え、家内安全を祈願する。

吉日:パーントウ

宮古島尻、来訪神(仮面神)の出現で村の悪害をはらう。

10月

1日:カママーイ

カママーイは、「竈まわり」のことで、家事が起こらないようにと、集落で火の用心を呼びかけ、村の代表が各家の竈をチェックする日でした。

吉日:種子取(タントイ)

八重山諸島で10月中の甲、乙日に行う種子取り農耕儀礼。

11月

吉日:冬至(トゥンジー)

雑炊を仏壇に供え、冬を告げる。

12月

8日:鬼餅(ムーチー)

月桃の葉に包まれた餅を供え、家族の健康を祈願する。

24日:御願解き(ウガントゥキ)

今年の火の神の祈願を解く日。台所の火の神の前を清め、洗米を供える。

30日:年の夜(トゥシヌヨル)

年の終わりと年越しの夜。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です