全身麻酔で性別適合手術を受ける前に知っておきたいこと

 

はいさ〜い、術後の痛みが怖すぎて麻酔が切れてもなお寝続けてアテンドの方に生存確認された佳人(@kanato_tomoyose)ですw

 

乳腺摘出手術(胸オペ)をするにしても子宮卵巣摘出手術をするにしても避けては通れない全身麻酔

「全身麻酔」という言葉を聞くだけで少なからず”死”を想像してしまいます。怖いですよね。

 

ということで今回は全身麻酔で手術を受ける前に知っておいてほしいことをお伝えしたいと思います。

手術と麻酔の注意

手術をするということは、激しい痛みを引き起こします。肺、心臓、血流や脳の機能に影響を与えます。麻酔は患者にとって危険行為ではありますが、麻酔をせずに手術を受けることができません。患者には体の痛みを軽減させるために手術の前に麻酔で眠らせる必要があります。

手術と麻酔の前に再度確認しておくこと

  • 過去に手術を受けたことがあるか?
  • 持病はないか?
  • 現在服用している薬はないか?
  • アレルギーはないか?

これらの確認事項に嘘や偽りがあると、あなたの身体が危険です。確実に隠さず申告してください。

麻酔の方法

カテーテル / チューブ / マスクにて麻酔を嗅がせることによって患者が意識を無くします。

※全身麻酔の前に、恐怖心を和らげるために睡眠薬を飲む場合もあります。

注意事項

  • 女性患者は妊娠しているまたは妊娠の疑いはあるか、医師に知らせなければならない
  • 手術前に風邪や発熱がある場合は医師または看護師に知らせなければならない
  • 未成年者は保護者の同伴が必要です。
  • 手術前2週間〜半としは禁煙してください。
  • 手術前にアルコール飲料を絶対に飲まないでください。
  • 手術中の窒息を防ぐため、手術を受ける8時間前には食べ物、飲み物は控えてください。
  • 手術中はメガネやコンタクトレンズ、義歯は取り外してください。
  • 手術前夜は十分な睡眠を取り、手術に臨んでください。

 

佳人
本当に危ないので嘘偽りなく申告してください。禁酒・禁煙も必須です!

関連記事:手術を受ける前に禁酒・禁煙をしつこく言われる訳とは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です