新規飲食店が社交飲食業協会に入会するにあたってのメリット

 

飲食店を新規開業される方必見です!

特に居酒屋やバー、スナック等接客重視のお店や深夜0時以降にお酒を提供するお店は食品営業許可以外にも申請が必要です。

自分でやるにはコストも労力もかかり、休む暇もありません💦

そんなあなたへ社交飲食業協会の入会をオススメします。ちなみにここで僕がオススメして入会したところで紹介料など何も入らないので、利益のためにやっている訳ではないことだけ誤認識お願いします( ̄▽ ̄)

 

僕のお店は沖縄県宜野湾市普天間にあるので宜野湾市社交飲食業協会に入会しました。場所や地域によって料金体系や特典は異なるかもしれませんが、参考までにご確認ください^^

宜野湾市社交飲食業協会会員の特典

  1. 警察や県の風俗環境浄化協会の指導により特例風俗営業者の認定が容易になります。
  2. 保健所食品営業許可証の手数料が無料になります。(県証紙代実費)
  3. 健康兄イン会の風俗営業許可、深夜酒類提供店届出申請手数料が無料になります。(県証紙代実費)
  4. 所得税確定申告(国税)の相談、手続きができます。
  5. 公庫融資審査が受けれます。(組合員だけが利用できます)
  6. 音楽著作権(カラオケ等)の使用料の割引
  7. 当協会員は自動的に宜野湾市商工会へ入会となります。(商工会年会費については宜野湾市社交飲食業協会で負担)
     客席面積 会員割引料金 会員外料金
    10坪まで 2,419円 3,024円
    〜20坪まで 5,184円 6,480円
    25〜50坪まで 8,294円 10,368円

入会金その他諸経費

  • 加入金・・・10,000円
  • 協会費・・・7,500円(2,500円×3ヶ月)
  • 会員章・・・1,000円
  • ステッカー・・・500円
    (18歳未満の方入店お断りしますのステッカー)

他にもたくさん

ここには書かれていない特典、例えば異業種交流会のお知らせも届くようなので月額2,500円さえ支払えば、横のつながりも増えお客様も増えると考えたので入会することに決めました。

 

実際、深夜酒類提供届の提出の際は計測から書類の作成まで全てやってくれてとても助かりました🙏

深夜酒類提供届は個人でやるにはとても時間と労力を要するので、大概は行政書士に頼むのですが、行政書士も安くはないので…(5万くらいはかかると聞きました)

 

どちらに転ぶかはオーナー次第ですが、僕は社交飲食業協会に入会することをオススメしますね^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佳人をフォローしよう!

1 Comment

深夜0時以降お酒を提供するために必要な【深夜酒類提供飲食店営業届】を取得する方法 | 性同一性障害(ftm)佳人のかなとわーるど にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です