こんちわっ。
アマチュアブロガーのかなちゃんです。

 

 

あまり友達がいない僕ですが
お客様と語ることが結構あります。

 

 

先日「夢」について語った時に
納得せざるを得ない話がありました、
共有します。

 

「できない理由」を作りたがる

僕もそうですが、
みんな何かしらできない理由を
つけたがるんですよね。

 

 

「仕事があるから」

「時間がないから」

「お金がないから」

 

これらは結局ただの言い訳に過ぎない

 

 

本当にやりたいことなら
すぐにでもやってみろよって話。

 

 

上記3つの言い訳を
一刀両断してみましょう。

 

仕事があるから

仕事があったらできないの?
仕事と夢どっちが大切なの?
仕事に休みはないの?

 

時間がないから

時間は作るものじゃないの?
あなたは24時間稼働しているの?

 

お金がないから

3ヶ月死ぬ気でやれば
100万くらい貯められるよ?
寝る間も惜しんで働いてる?

 

スポンサードリンク

本気でやりたいこと?

本気でやりたいことなら
努力を惜しまないと思います。

 

 

野球界のトップスターの
イチロー選手の努力を知っていますか?

 

3歳で初めてバットを握ってから
7歳まで1年の半分は野球の練習に
明け暮れていました。

 

小学校3年生には
地元の少年団に入団したものの
通常の練習では足りず・・・

 

 

学校から帰って日が暮れるまで
毎日お父さんと練習していたそうです。

 

毎日通っていたバッティングセンターでは
普通の速球では満足できずに
イチロー選手専用のマシンもできたとか。

 

 

小学校6年生の時に書いた
イチロー選手の作文がこちら

 

『ぼくの夢』
愛知県西春日井郡 とよなり小学校
6年2組   鈴木一朗
ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるためには練習が必要です。
ぼくは、3歳のときから練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが
3年生の時から今では、365日中360日は激しい練習をやってます。
だから1週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。
そして中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そしてその球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。
ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。
ぼくが自信があるのは投手か打撃です。
去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打ちました。
そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。
このように自分でも納得のいく成績でした。
そしてぼくたちは、1年間負け知らずで野球が出来ました。
だからこの調子でこれからも頑張ります。そしてぼくが一流の選手になったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも「夢」のひとつです。
とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

 

3歳から続けてきた努力が
今のイチロー選手を作ってきたのですね。

 

 

本気でやりたいなら努力しろ

本気でやりたいことがあるなら
努力する以外方法はないです。

 

目標が明確なら
あとは目標に向かって突き進むだけ。

 

 

これが目標達成する
1番の方法ではないでしょうか。

 

 

僕も目標を100個設定しました。

Kanatoの100のリスト

 

早い段階で目標を達成するために
全力投球していきます。

 

いつも読んでいただき
ありがとうございます^^

ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

為になった!
誰かに教えたい!
という場合はシェアやクリック
よろしくお願いいたします♫